キンキとキンメ鯛、、、、。


先日、船越ミッシェルのブログにありましたよう、当グループの専務が北海道へ出張の際、私にお土産として、北海道の海の幸を送ってくれました。

その中でもゼッピンだったのは、キンキ。  透き通った白身に、あふれ出す魚脂のぷりっぷりっの、香ばしい焼き身。もう皮、骨までしゃぶって食べました。       

そこで、数日後、買ったのです、通販で。しかも20匹。、、、、キンメ鯛。  さっそく焼きました。    どうも違う、見た目は同じなのに。やっぱりちがう。  そうなんです、私はキンキとキンメ鯛は同じ魚だと勘違いしていたのです。ア~~。 キンキはカサゴ科の魚。まったくちがう魚だったのですア~。

それにしてもおいしかったきんき。 なかなかスーパーや魚屋さんで見かけるのはむつかしいんですが、、、。みなさんも機会があったらぜひ食べてみてください。キンメでなしにきんき。